• 銀座環境会議

【松戸そらぴか発電所】みんな電力に売電開始

3月2日より、松戸市民発電所第1号が発電した電力のうち、発電所が設置された新松戸リバイバルチャーチが使い切らない余剰部分を、新電力の大手であるみんな電力(社名は株式会社UPDATER)に売電開始しました。これを機に、愛称を「松戸そらぴか発電所第1号」としています。


みんな電力では、「顔の見える発電所」として、供給元発電所をウェブ公開しています。下記発電所一覧から「松戸そらぴか発電所」を見つけてください。

https://portal.minden.co.jp/powerplant-list


みんな電力は、再生エネルギー比率の高い新電力で、再エネ100%プランもあります。電力会社の選択は、どなたにも参加の容易な再エネ推進のかたちと言えるでしょう。また、上記発電所一覧から応援したいと思う発電所を選んでいただき、月100円の支援をする、という仕組みもございます。


ご関心ある方は、直近の電気料金数ヶ月分の伝票をご用意いただき、以下のページより料金シミュレーションをしてみてください。3月末までキャンペーンも実施しているようです。

https://minden.co.jp/personal/simulation


もしも電気代が同程度、あるいは現在よりも下がるようでしたら、是非みんな電力への切替えと「松戸そらぴか発電所」への月100円の応援をご検討いただければと思います!


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示