• 銀座環境会議

そらぴか号&そらぴかレンジャーがやってきた!

松戸そらぴかプロジェクト で貸し出す電動トライク「そらぴか号」ですが、ついに納車されました!そして、再エネヒーロー「そらぴかレンジャー」も参上!早速、乗り物大好きな三兄弟を乗せて松戸の町を疾走しました(最高時速40㎞の安全運転で)!


待ち合わせ場所に向かってくる三兄弟は、そらぴかレンジャーが目に入ると駆け寄り、「カッコいい!」「なんでいるの??」と目を輝かせていました。そして実際にそらぴか号に乗ってあたりを走ってみると、「すごいね!」「早いね!」と歓声が。


今回のレンジャーは、代表理事平野の以前の職場の同僚のOさん。レンジャースーツにぴったりの長身、体つきで、ご覧の通りよく似合っています。そらぴかレンジャー(の中のOさん)も、そらぴか号の楽しさと三兄弟の可愛さにニッコリでした。


次回は、以前から関りのある児童養護施設の子どもたちに、地球温暖化や太陽光発電について説明ののち、彼らを乗せて施設の周辺を走る予定です。このイベントは、寄付者の方による権利譲渡(後述)で実現するものです。


★そらぴか号について★


貸出:パネルオーナー、5口(5,000円)以上ご寄付の寄付サポーターに1回貸し出します。※ご自分では権利行使されないという場合は、子どもも食堂等に権利を譲渡いただけます。

免許:普通免許(2輪運転経験があった方がベター)※運転手付き貸し出しも可能です。

最高速度:時速40キロ。

航行距離:1回の充電で60キロ程度。

充電:家庭用コンセント(100V)で充電可能。そらぴか号は太陽光パネルから充電した蓄電池から充電し、太陽光で走らせます。

定員:3名。後部座席には大人2名が乗れます。

シートベルト:必須でありませんが、そらぴか号にはオプションでつけています。

雨天や冬場:シートで密閉することができます。


詳しくは松戸そらぴかプロジェクト の活動紹介ページをご覧ください。

122回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示