• 銀座環境会議

2030SDGsゲーム(第16回)

更新日:2021年12月24日

9月4日新松戸のfoo cafeにて、2030SDGsゲームを実施、代表理事の平野がファシリテーターを務めました。お店の常連さんを中心に、高校生も含む計8名が参加しました。マスク着用、アルコール消毒、換気と感染予防に努めての開催となりました。


foo cafeさんの常連さんは、ご自身も農園をやったり、たい肥作りをしたり、市民活動をやっていたりといった方が多く、特に環境の部分に関心がある方が多かったように思います。そんな熱心な方が多かったからか、ゲーム中はアチコチからつぶやきが。それらのつぶやきがちゃんと周囲に影響を与え、世界が変わっていくのが印象的でした。


新松戸の住宅街の一角にある隠れ家的なお店であるfoo cafeさんは、オーガニック食材を使用したり、フェアトレード商品を扱ったりとこだわりのお店です。リフィル松戸の活動にもご参加いただいているほか、店長には松戸そらぴかプロジェクトにもご協力いただいています。お食事は生パスタがおススメです。参加した高校生は、初めての生パスタに感激していました。


「今日は本当にありがとうございました。まだ、感動の余韻でいっぱいです。平野さんのような素晴らしい方が、この街にいる幸運に感謝しています。本当にありがとうございました!今は、この素晴らしい体験をみんなに知らせたい思いです!」


当日の参加者の方からいただいたメッセージです。あまりにも身に余るお言葉とはわかっています。ただ、セミナーがよいものだった、ということには自信があります。


銀座環境会議が行うSDGsセミナーは、本当にコアなところを突いていきます。9月25日にもまつど市民活動サポートセンターで開催予定です。詳しくはこちらをご覧ください。


【2030SDGsカードゲーム実施実績】

実施回数:16回

☆内訳:市民活動団体内研修6回、一般向け7回、行政向け2回、学校向け1回

参加人数:205名

☆内訳:市民活動関係者78名、教育関係者6名、行政関係者41名、地方議員2名、一般27名、大学生2名、高校生49名

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示