• 銀座環境会議

2030SDGsゲーム(第28回)

5月28日、東金市の農産物第一加工所にて2030SDGsゲームを実施、”みろく農場”の関係者など11名が参加し、代表理事の平野がファシリテーターを務めました。


みろく農場は、農薬と化学肥料に頼らずに、有機肥料で育てた野菜とお米を販売しており、代表理事の平野が国際協力に携わっていた頃からタイの農家の受け入れなどでお世話になってきました。現在は毎月お野菜を送ってもらっています。


そんな意欲的なみろく農場での開催とあり、市議会議員さんなど地元東金の方に加えて、都内在住で環境問題や農業への関心からみろく農場と繋がっている人々も参加されました。


農産物直売所近くの加工所という今までに経験のない場所でのセミナーでしたが、普段から食や農、環境に関心の高いみなさんということで、積極的に取り組んでいただきました。


千葉県松戸市を拠点とする銀座環境会議ですが、8名以上の参加者が集まればできるだけ東葛地区以外の場所にも出向きますので、ご関心ある方はぜひご連絡ください。


【2030SDGsカードゲーム実施実績】

実施回数:28回

☆内訳:市民活動団体内研修8回、一般向け12回、行政向け2回、企業向け2回、学校向け4回

参加人数:372名

☆内訳:市民活動関係者105名、教育関係者10名、行政関係者43名、地方議員4名、一般59名、企業関係者16名、大学生62名、高校生73名


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示