• 銀座環境会議

2030SDGsゲーム(第15回)

更新日:2021年9月10日

8月29日新松戸のCoworking Space Flat Cafe&Barにて、2030SDGsゲームを実施、代表理事の平野がファシリテーターを務めました。Flatの会員さんを中心に、高校生2名を含む様々な年代の計10名が参加しました。マスク着用、アルコール消毒、換気と感染予防に努めての開催となりました。


上記の通りバラエティ豊かなメンバーで、ご夫婦での参加もあれば、初めての場所、初めての人、という高校生もいる中、キーとなったのは、ご自身も参加したFlatスタッフの方でした。みなさんのことを知っている人がいるとやはり全体の動きが変わってきます。これは実社会でも全く同じことで、Flatさんのような地域密着のコワーキングスペースは、単なる共同事務所でなく、そういった人と人を繋ぐ役割を果たしているのでしょう。


終了後も多くの参加者が残りました。個別にSDGsについて具体的な質問をなさる参加者もいる一方、全体としての話題はそのうち子育ての話に。子どもの権利という視点、親の子育ての持続可能性という視点、地域で子どもを育てるという視点…いちいち「SDGsの目標何番だ」という話をしなくても、みなにとってよりよい社会をつくるための「変革」について話している限り、それは大いにSDGsなお喋りなのでした。


Coworking Space Flat Cafe&Barさんは、他にも様々なイベントを開催しています。コワーキングスペースは、会員としても、ビジターとしても利用できます。Cafe&Barとうたっているだけあり、ご飯やコーヒーにも力を入れ、飲食店として訪れる方もいます。残念ながら今は出せませんが、クラフトビールやウイスキーも充実しています。


銀座環境会議が行うSDGsゲームは、本当にコアなところを突いていきます。9月25日にもまつど市民活動サポートセンターで開催予定です。詳しくはこちらをご覧ください。


【2030SDGsカードゲーム実施実績】

実施回数:15回

☆内訳:市民活動団体内研修6回、一般向け6回、行政向け2回、学校向け1回

参加人数:197名

☆内訳:市民活動関係者78名、教育関係者6名、行政関係者41名、地方議員2名、一般19名、大学生2名、高校生49名

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示