top of page
  • 銀座環境会議

2030SDGsゲーム(第45回:リネットちば勉強会)

7月29日、船橋市浜町公民館にて2030SDGsゲームを実施、千葉県で再生可能エネルギーを推進する団体、個人のネットワークであるリネットちばの勉強会として行われ、市民活動関係者6名が参加し、代表理事の平野がファシリテーターを務めました。



銀座環境会議はリネットちばに団体会員として所属し、市民発電所設立をはじめ、メンバーの皆さんにこれまで様々な助言をいただいてきています。そのリネットちばの勉強会として行われたこの日ですが、大変な猛暑で、昼間の開催のため熱中症を恐れての当日キャンセルもありました。参加人数は少なかったですが、図らずも気候変動対策の緊急性を再認識せざるを得ない1日となりました。


【2030SDGsカードゲーム実施実績】


実施回数:45回

☆内訳:市民活動団体内研修12回、一般向け16回、行政向け2回、企業・団体向け7回、学校向け7回、教員向け1回

参加人数:707名

☆内訳:市民活動関係者170名、教育関係者25名、行政関係者43名、福祉関係者47名、企業関係者58名、地方議員5名、一般103名、大学生173名、高校生76名、中学生7名

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page