top of page
  • 銀座環境会議

2030SDGsゲーム/セミナー(第56回:松戸市環境未来会議2024第1回)

更新日:6月12日

5月12日、キテミテマツド9階のアートスポットまつどにて、松戸市環境未来会議2024第1回の講義として2030SDGsゲーム/セミナーを実施、会議参加市民42名が参加し、代表理事の平野がファシリテーターを務めました。


松戸市環境未来会議2024のメンバーは無作為抽出で参加を依頼され、これに応えた市民の皆さんです(同会議についてはこちらをご覧ください)。第1回ということで、会議の意義や概要について説明を受けた後、2030SDGsゲーム/セミナーに参加しました。第2回以降本格化する議論への導入として、「ゼロカーボンシティまつどとSDGs」について考え、今後の議論のベースになる考え方を提供するとともに、参加者同士の交流を促進することを意図したものです。


参加者の皆さんは、松戸市の縮小版ということで若い方からご年配の方まで様々な世代の方で構成されています。普段あまりゲームなどやらない、という方もいらしたと思いますが、チーム内で、またチーム同士で助け合い、大いに盛り上がりました。そして、さらに座学でSDGsについて、またその考え方の今後の議論への活用・援用についても理解も深めていただきました。


終了後アンケートでも多くの方にご好評をいただきました。6月9日開催の第2回では、このおさらいから、講師の方を招いての講義と議論に入って行きます。


【2030SDGsカードゲーム実施実績】


実施回数:56回

☆内訳:市民活動団体内研修13回、一般向け20回、行政向け2回、企業・団体向け10回、学校向け10回、教員向け1回

参加人数:976名

☆内訳:市民活動関係者180名、教育関係者25名、行政関係者43名、福祉関係者86名、企業関係者78名、地方議員5名、一般174名、大学生302名、高校生76名、中学生7名


閲覧数:19回0件のコメント

コメント


bottom of page