• 銀座環境会議

【松戸そらぴかプロジェクト第2弾】柏そらぴか発電所第1号に向けてクラウドファインディングを開始しました!

4月21日、地域で市民参加による再エネ導入を推進する「松戸そらぴかプロジェクト」の第2弾として、柏市増尾に「柏そらぴか発電所第1号」を設置すべくクラウドファンディング(目標金額100万円)を開始しました。


多くのみなさんのご協力を得て昨年設置されたプロジェクト第1弾の「松戸そらぴか発電所第1号」がメディアにも取り上げられ、賞などもいただいたことはお知らせの通りです。


そうした報道に触れた社会福祉法人彩会さん(松戸市馬橋)より、同会が柏市増尾に新設する障がいのある方々の通所施設「ザザビー・ドゥ」に市民発電所を、というお話をいただき今回の「柏そらぴか発電所第1号」に至ります。


前回同様設置費用は銀座環境会議が負担し、ザザビー・ドゥ施設内で消費する電力は電力会社より割安で販売、余剰分は電力会社に販売します。そして、これを一定期間継続することで初期費用を回収後、彩会さんに設備を譲渡します(その後の太陽光発電部分は無料)。 


前回同様パネルオーナーを募集しますが、折からの資材高騰により回収に想定していた期間(10年)以上にかかってしまいそうなこと、また障がい者支援施設という施設の性質にも鑑み、設置費用の一部をクラウドファンディングによるご支援で調達したいと思います。100万円以上集まった場合には、譲渡までの期間をさらに短縮することを検討します。


更なる詳細、またご支援は上掲の画像、または下記URLよりご参照ください。沢山のみなさんのご参加をお待ちしています!


【停電時はみんなのスマホを充電!】障がい者支援施設の屋根を「柏そらぴか発電所」に

https://camp-fire.jp/projects/view/574631


閲覧数:131回0件のコメント

最新記事

すべて表示