top of page
  • 銀座環境会議

【松戸環境未来会議】第2回に参加しました

更新日:4月30日

11月12日に、松戸市民劇場第2・3 会議室にて「松戸環境未来会議」が開催、15名の松戸市民が参加し、代表理事の平野が統括ファシリテーターを務めました。


松戸環境未来会議は、参加者の投票で決まった愛称で、一般的には「気候市民会議」と呼ばれるものの松戸市版です。気候市民会議については、第1回についてのブログをご参照ください。


第2回となる今回は、無作為抽出で参加依頼を送付された方々の中で参加の意向を示した24名の皆さんのうち、15名が参加しました。第1回は21名でしたので、統括ファシリテーターの立場としても減ってしまったのは残念でしたが、前回非常に熱心に参加され、今後も楽しみと仰っていた方も欠席しており、日曜日と言えどもそれぞれお忙しい中、多くの参加者を得る難しさを感じました。


参加者した皆さんは、前回討議した「温暖化で困ること」や「温暖化の要因について」に基づき、それに対して市民としてなにができるか、話し合いました。また、7月に始まった「脱炭素有識者会議」(平野はこちらにも参加しています)に松戸市が提示し、同会議でも検討されてきた市の脱炭素重点施策案についても説明を受けました。


第1回で顔なじみになっていることもあってか、皆さん初めから積極的に意見を出し合っていました。第1回終了後に私からも提案したのですが、第1回から第2回の間に家族や友人知人にこの会議に参加したことを話した方も多かったようです。印象的だったのは、「こういう機会は貴重で、今後も続けて多くの人が参加できるようすべき!」と力説する参加者がいたことで、全3回終了を待たずしてこうした声が挙がったのは心強いことでした。


当日の資料やグループ討議の結果は市のウェブサイトにも掲載されています。



次回第3回は12月12日に開催の予定です。


閲覧数:48回0件のコメント

Comments


bottom of page