• 銀座環境会議

【販売品目未定】若者主催SDGsマルシェを開催します

更新日:2021年9月15日

10月3日の日曜日、新松戸のCoworkingSpaceFlat Cafe&barにて、”SDGsマルシェ”を開催します。SDGsの達成に貢献するような商品だけを並べる市場(マルシェ)で、商品選びをするのは、高校生を中心とした若者たちです。


これは、まつど市民活動サポートセンターが運営するボランティア受け入れプログラム「Let's体験」として行うものです。「Let's体験」では、通常活動のお手伝いを募集している団体が多いように思います。団体の普段の活動の姿が見られるので、意味のあることだと思います。ただ、銀座環境会議は定期的な活動をするタイプの団体ではありません。また、参加者にとってより能動的な関りにしたいと思い、今回のプログラムを考えました。おかげさまで、5人の高校生と1人の若手社会人が参加してくれました。


さて、SDGsに関する、「地球にやさしいとか言ってる場合じゃないよね」的なコラムや、「日々の活動で満足しちゃうわけ?」的なコラムを読んで、銀座環境会議を過激派(?)と認識した方は、「SDGsマルシェなんてらしくない」と思われるかも知れません。


ではなぜやるのか。儲かるなんて思ってもいません。たとえ当日収支が黒字でも、準備期間等勘案したら、爆買いでもない限り赤字です。目的は商品選びを通じて若い人たちにSDGsの本質を知ってもらうこと。その結果彼らが「人間の限りなき消費欲求がSDGs達成を阻んでいる」という結論に至れば、なにも売っていないマルシェになります。私はそんなかたちも大歓迎です。その場合、ご来場のみなさんは若者の説教を聞いたうえで手ぶらで帰ってください(笑)


まあ、あまり極論なのも学びの質を下げます。当日は参加者が考えた様々な商品が並び、彼らがその商品を選んだ理由も説明してくれるでしょう。10月3日は是非千客万来となりますよう。



151回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示